会社概要

SDGs

持続可能な環境づくり

SDGsに対する考え方と取り組み
企業は単に営利を追求するだけではいけない。私たちはそう考えています。経営を通して企業の使命と責任を果たし、持続可能な環境づくりに貢献するべきです。これまで北海道での農業事業を通して土づくり、資源の分別と再利用、残菜廃棄ロス削減、地元でとれた旬の食材を商品化し、地産地消を積極的に行ってきました。これを推進することによって空輸や長距離トラック輸送が減り、温室効果ガス排出削減、化石燃料対策、温暖化対策に貢献することができますが、これからも持続可能な環境づくりに貢献していきます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS Bokuden SDGs Action Platform
4:質の高い教育をみんなに
5:ジェンダー平等を実現しよう
7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8:働きがいも経済成長も
9:産業と技術革新の基盤をつくろう
11:住み続けられるまちづくりを
12:つくる責任つかう責任
13:気候変動に具体的な対策を
14:海の豊かさを守ろう
15:陸の豊かさも守ろう
商号 株式会社ボクデン
BOKUDEN CORPORATION
代表者 景山良康
事業内容 外食産業
創業 1979年
従業員数 従業員数189名(男性79名 女性110名 ※2018年5月現在)
事業所 ボクデン 銀座店
ボクデン 広島店
ボクデン 岡山店
ボクデン 芝浦店
ボクデン キムチ本舗
BALSA BALSA 岡山駅前店
デンパチ 岡山店
デンパチ 広島店
ボストンステーキ 岡山店
景虎 岡山店
西龍軒 岡山店
又兵衛 岡山店
たつじ 岡山店
北海道ボクデンファーム
本社事務所 〒700-0825
岡山県岡山市北区田町1丁目3-35
TEL. 086-233-2600
FAX. 086-234-8801
E-mail info@bokuden.co.jp
行動計画
(女性活躍推進法)

「職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備」の行動計画を次の通り策定する。

1.計画期間 令和4年4月1日~令和9年3月31日までの5年間

2.内容

目標1:男女とも平均継続勤務年数を8年以上とする

<対策>

  • 令和4年5月~  行動計画の周知徹底
  • 令和4年9月~  育児・介護を理由とする退職者の再雇用の実施
  • 令和4年11月~  共同助け合いシフトの好事例の共有と改善
  • 令和5年5月~  社長・上司との年2回の面談で生産性改善の評価
  • 令和6年5月~  年次有給休暇完全取得の啓蒙
  • 令和8年5月~  事業責任者会議にて目標に対する精査

歴史

History

ボクデンの歩み・1979年

1979年 12月11日
岡山市北区田町で「ボクデン」創業

1984年5月25日
韓国料理に業態転換。
連日行列が並ぶ人気店になる

1991年1月10日
KSBテレビの人気番組「出前クッキング」に
レギュラー出演

1996年12月8日
広島市中区に「ボクデン広島店」オープン。
オープン3か月後に行列が並ぶ人気店になる

History

ボクデンの歩み・2000年

2000年12月1日
ボクデン本社ビル設立に伴いボクデン総本店
リニューアルオープン。店内は深夜まで満席で店舗前の道路に100人以上の行列が並ぶ

2001年4月1日
RSKテレビの人気番組「ハマイエ・テレビ」
にレギュラー出演

2002年4月21日
東京銀座に「ボクデン銀座店」オープン。
1年後に連日満席の人気店になる

2003年12月12日
岡山市田町に「景虎オリエンタル」オープン

History

ボクデンの歩み・2008年

2008年5月30日
北海道ボクデンファーム設立。
ボクデンキムチ本舗設立

2011年5月25日
岡山駅前にスパニッシュバル「バルサバルサ」オープン
岡山駅前に炭火もつ焼き「近藤傳八商店」オープン

2012年6月20日
広島市中区恵比寿神社前に「えびす傳八商店」オープン

History

ボクデンの歩み・2010年

2014年12月12日
武蔵小杉駅前に「バルサバルサ武蔵小杉店」オープン

2015年7月31日
岡山駅前に「ボストンステーキ」オープン

2018年4月25日
岡山駅前に飲茶専門店「西龍軒」オープン

2018年11月15日
東京田町駅芝浦口に「バルサバルサ芝浦店」オープン

2019年6月1日
岡山県庁通りに鶏料理専門店「又兵衛」オープン

Founder

株式会社ボクデン 代表取締役社長
景山良康 Yoshiyasu Kageyama

1960年、奈良県生駒生まれ、岡山育ち。19歳の時、岡山市で「ボクデン」を創業。現在、北海道・東京・広島・岡山で韓国料理店、スペイン料理店、ステーキ料理店、炭火もつ焼き店、鉄板割烹店、飲茶店、鶏料理専門店、牛串焼き専門店、農業事業、物販事業を展開。なお、日本各地の漁港や野菜の産地に直接足を運び、生産者との絆を深め、旬の新鮮な食材を仕入れることに力を注いでいる。また、流通していない食材を商品化し、数々のヒット商品を生みだしているがマーケッテイングと製品開発に定評がある。